新型インフルエンザ事前準備と大流行時の緊急対応

新型インフルエンザ事前準備と大流行時の緊急対応
http://www.phcd.jp/shiryo/tashirokouenkai.html
 
国立感染症研究所 ウイルス第3部WHOインフルエンザ協力センター
WHO H5N1インフルエンザ検査ネットワーク WHO IHR専門委員
田代眞人先生 
東京都港区みなと保健所主催講演会平成20年3月資料
パワーポイント154枚配布資料 PDF
http://www.phcd.jp/shiryo/shin_influ/pandemicflu2003minato.pdf
 
特別区保健所長会新型インフルエンザ対策資料(平成20年12月19日現在)
☆一部抜粋☆
 
新型インフルエンザの発生に備えましょう
http://www.phcd.jp/blok-bukai/tokubetuku/paninflu/pandemicflu_ippan.html
 
新型インフルエンザ事業継続計画の手引き第1版
http://www.phcd.jp/blok-bukai/tokubetuku/paninflu/081219/4BCPsakutei_v1.00.pdf
 
厚生労働省の動き 厚生労働省結核感染症課課長補佐 関なおみ
http://www.phcd.jp/blok-bukai/tokubetuku/paninflu/081219/kuni_seki.pdf
 
★★今日のおすすめ本★★
 
感染症とたたかう -インフルエンザとSARS- (岩波新書) 価格:¥ 777(定価:¥ 777)
岡田 晴恵 (著), 田代 眞人 (著)
 
世界中を震撼させたSARS感染症.輸送や通信がグローバル化した今日,もはや感染症対策は個人でも一国の問題でもない.その中で,スペイン風邪など歴史上猛威をふるった,いわゆる新型インフルエンザの再出現が不幸にも確実視されている.感染症対策の最前線で働く著者らが,その影響予測と対策について提言をおこなう.
 
★★今日のおすすめ本2★★
新型インフルエンザH5N1 (岩波科学ライブラリー)価格:¥ 1,260(定価:¥ 1,260)
岡田 晴恵 (著), 田代 眞人 (著)
 
発生は時間の問題といわれる新型インフルエンザH5N1。ヒトは免疫をもたないため、ふれれば必ず感染する。その毒性は、わたしたちの知る「インフルエンザ」とは比べものにならない。全身感染で、数日のうちに死に至らしめられる可能性が高い。国内に侵入すれば、あっという間に拡大する。来るその日に備えて、その科学的メカニズムを知ろう。
 
【岡田晴恵】1963年埼玉生まれ。順天堂大学医学部大学院博士課程中退。ドイツマールブルク大学ウイルス研究所客員研究員。現在、厚生省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員。専門は感染免疫学、ワクチン学。
【田代眞人】1948年東京生まれ。東北大学医学部卒。現在、国立感染症研究所ウイルス第三部部長、WHOインフルエンザ協力センター長、WHO西太平洋地域SARSレファランス検査室室長、WHO麻疹特別研究室室長。専門はウイルス学、感染症学。
 
 
 
広告
カテゴリー: 感染症 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中