健康情報0228 STAP論文に疑義、中国でタバコが爆発

 

 

 

小保方晴子「万能細胞」に捏造疑惑!?画像使い回し…「研究の基本は間違いありません」
http://www.j-cast.com/tv/2014/02/20197292.html?p=2

STAP細胞論文「データに不自然な点ある」外部指摘、理研が調査
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140217/scn14021714170003-n1.htm

「STAP細胞」別論文の記述と酷似 理研も調査か
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140228/scn14022819230006-n1.htm

STAP論文、ネイチャーも調査 「不自然な画像」問題
http://www.asahi.com/articles/ASG2L3D3QG2LPLBJ001.html?ref=reca

STAP細胞論文に「不自然な画像」 理研が調査
http://www.asahi.com/articles/ASG2K35LJG2KPLBJ001.html

EU:たばこリスク、視覚イメージで警告義務付け-香料禁止へ
http://www.bloomberg.co.jp/bb/newsarchive/N1MQX36K50YK01.html

国民病「ドライアイ」の効果的な治療法
http://news.livedoor.com/article/detail/8575642/

米国人の9割が喫煙者とは交際したくないと回答。絶対に交際しないは6割弱
http://news.ameba.jp/20140220-373/

受動喫煙対策「社会的枠組み必要」(山形県)
http://news24.jp/nnn/news8874912.html

五輪機に禁煙目指す露の戦い
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140225/cpd1402250504006-n1.htm

米FDA、インド製葉巻たばこの輸入・販売を禁止
http://www.indochannel.jp/member-area/news/hindi/nws0001768.html

【喫煙を考える】山形県のたばこ規制 県が受動喫煙防止対策の枠組みづくりへ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140226/dms1402261209009-n1.htm

財務省がJTのたばこ値上げを認可
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140228/fnc14022819410018-n1.htm

EU:たばこリスク、視覚イメージで警告義務付け-香料禁止へ
http://www.bloomberg.co.jp/bb/newsarchive/N1MQX36K50YK01.html

たばこに火で突然爆発、男性死亡=店の扉にくくりつけられていた謎のたばこ―中国
http://news.livedoor.com/article/detail/8570005/

カリフォルニアでポリオ様麻痺を確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000009-natiogeog-sctch

食の洋風化による脂肪分過多や不規則時間食事 胆石の原因に
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140228-00000015-pseven-life

オープン型オフィスでは病欠が増加―環境面のストレスが影響?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000135-wsj-bus_all

若い女性に急増中の子宮頸がん。どんな病気?本当にワクチンで予防できる?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00010000-mocosuku-hlth

上沼恵美子が入院 魚介からの感染経路で知る「急性A型肝炎」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000021-nkgendai-hlth

タミフル耐性インフル 静岡県内は乳幼児2人から検出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000012-at_s-l22

線維筋痛症との関係調査へ=子宮頸がんワクチン接種―学会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000071-jij-sctch

米海軍、ノロ退治の秘訣は徹底的な衛生対策
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140223-35044281-cnn-int

鳥インフルで生きた鶏の流通禁止、「死んだ鶏」売れず=浙江省杭州
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000103-scn-cn

インフル予防接種料で排除命令=最低価格設定、埼玉の医師会-公取委
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014022700641&rel=&g=

厚生労働省検疫所
http://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html

2014年02月28日鳥インフルエンザA(H7N9)の発生状況について
2014年02月26日タイにおけるデング熱の流行状況について (更新1)

感染症疫学センター
http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

先天性風しん症候群(CRS)の報告(2014年2月19日現在)
2014年02月28日

IDWR 2014年第7号<発生動向総覧・1月報>2013年第7週(2014年2月10日~2014年2月16日)
2014年02月28日

IDWR 2014年第7号<注目すべき感染症>2014年のA型肝炎の増加
2014年02月28日

IDWR 2014年第7週(第7号)
2014年02月28日

インフルエンザ関連死亡迅速把握システム
2014年02月28日

インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)
2014年02月28日

インフルエンザ流行レベルマップ 第8週(2/28更新)
2014年02月28日

『感染症エクスプレス@厚労省』より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼トピックス▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【重症熱性血小板減少症候群】
◆重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第二報)
について(2014年2月25日)

昨年5月より厚生労働科学研究において実施している、SFTSウイルスの
国内分布に関する研究班調査結果の第二報が、国立感染症研究所HPに掲載
されました。この中で、既に患者の発生が確認されている西日本だけでなく、
広く全国にSFTS ウイルスが分布することが明らかとなりました。
これから春に向けて、SFTSウイルスを媒介するマダニの活動が活発に
なってきます。野外で活動する際、マダニに咬まれないよう注意することが
大事です。
各医療機関におかれましては、引き続き、以下URLの届出基準の臨床症状
からSFTSが疑われる患者を診察した場合は、最寄りの保健所へ連絡いただく
よう、ご協力のほどお願いします。

〈病原微生物検出情報(IASR)速報〉重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
ウイルスの国内分布調査結果(第二報)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/2014-02-19-09-27-24/2242-disease-based/sa/sfts/idsc/iasr-news/4428-pr4094.html

国立感染症研究所ホームページ〈重症熱性血小板減少症候群(SFTS)〉
http://www.nih.go.jp/niid/ja/2014-02-19-09-27-24/2238-disease-based/sa/sfts/3143-sfts.html

厚生労働省ホームページ〈重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について〉
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts.html

〈届出基準〉
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-04-43.html

〈発生届〉
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/pdf/01-04-43.pdf

【インフルエンザ】
◆卓上カレンダーを更新しました(インフルエンザ対策の啓発ツール)

インフルエンザ対策の啓発ツールの一つである、インフルエンザ対策の
キャラクターのマメゾウくんとアズキちゃんの卓上カレンダー(3-4月版)を、
厚生労働省HPにて更新しました。HPからダウンロードおよび印刷してご活用
ください。
また、厚生労働省ツイッターでは、インフルエンザの話を毎週配信してい
ます。あわせて、インフルエンザの予防啓発としてご活用ください。
全国の定点当たり報告数は減少傾向にありますが、引き続き、インフル
エンザ予防の注意喚起へのご協力をお願いします。

<卓上カレンダー>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/keihatu.html
<厚生労働省ツイッター>
https://twitter.com/MHLWitter

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼審議会・研究会等▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆子宮頸がん予防ワクチンに関する意見交換会を開催しました。(2014年2月
26日)

子宮頸がん予防ワクチンに関する意見交換会を2月26日に開催しました。

子宮頸がん予防ワクチンの安全性について、国内外の研究者による意見
交換が行われました。概要は以下の通りです。

○米国のLee氏から、HPVワクチンには製造で用いられたDNA断片が含まれ
ており、このDNA断片が様々な症状を引き起こしているという仮説に
ついての発表がありました。この仮説に対し、ニュージーランドの
Harris氏及びその他の有識者から、以下のような意見が出され、科学的
根拠に乏しいという指摘がなされました。
・科学的検証をする上で必須の対照群がなく、因果関係を述べることは
適切でない。
・HPVワクチンの中に含まれるDNA断片はごく微量で、全身に影響を
及ぼすとは考えられない。
・複数の仮説を重ねて導き出しているに過ぎない。

○フランスのAuthier氏から、アルミニウムを含むアジュバントが
マクロファージ筋膜炎(MMF)という局所の病変を引き起こしており、
このMMFが全身の副反応を引き起こしているという仮説についての
発表がありました。この仮説に対し、フランスのBeytout氏及びその他
の有識者から、以下のような意見が出され、科学的根拠に乏しいという
指摘がなされました。
・アルミニウムが含まれるワクチンは世界で80年以上使用されており、
安全性が確認されている。
・MMFを主張するグループは、主張の内容が頻繁に変わり、信憑性に
乏しい。
・局所のMMFという病変が、全身の症状を引き起こす根拠がない。

○堺氏から、HPVワクチン接種後の有害事象の発生状況について発表が
ありました。この発表に対し、有識者等より、データの解釈に誤りが
あるとの指摘がありました。

※ 資料 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000038484.html

◆平成25年度第8回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、
平成25年度第9回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策
調査会を開催しました。(2014年2月26日)

平成25年度第8回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、
平成25年度第9回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査
会を2月26日に開催しました。
今回は、子宮頸がん予防ワクチンに関し、機能性身体症状の治療について
有識者からヒアリングを行うとともに、接種時の注意事項等について審議が
行われました。
また、麻しん、風しん、おたふく、水痘、A型肝炎、インフルエンザ、
成人用肺炎球菌の各ワクチンの安全性について検討がなされ、副反応の報告
状況が、これまでと大きな変化はないことなどから、安全性に重大な懸念は
認められず、引き続き、報告状況や報告内容に十分な注意をするとの評価が
まとめられました。
このほか、本年10月からの定期接種化に向けて、水痘及び成人用肺炎球菌
ワクチンの副反応報告基準を審議し、事務局案のとおり承認されました。

※ 資料 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000038488.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼感染症発生情報▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国内の感染症発生状況

【インフルエンザ】
◆全国の定点当たり報告数は27.36(2/17~23のインフルエンザの発生状況)
(2014年2月28日)

2014年第8週(2014年2月17日~2月23日)のデータを公表しました。
全国の定点当たり報告数は、27.36となっております。
都道府県別では大分県(49.33)、福井県(43.16)、福岡県(42.91)、
北海道(39.14)、長崎県(38.29)、三重県(35.49)、宮崎県(34.71)、
新潟県(34.25)、青森県(31.58)、愛知県(31.30)、熊本県(31.30)、
佐賀県(30.64)、岩手県(30.17)の順となっています。25道府県で
前週の報告数よりも減少がみられました。
国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近の5週間
(2014年第4週~第8週)ではAH1pdm09が最も多く検出されています。

<報道発表資料>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html

<インフルエンザウイルス分離・検出速報>
http://www.nih.go.jp/niid/ja/iasr-inf.html

◆IDWR 2014年第7週(第7号):麻しん、鳥インフルエンザA(H7N9)などに
ついて(2014年2月28日発行)

麻しんが16例報告されており、第1~7週までの累計報告数は103例と
なっています。
また、「鳥インフルエンザA(H7N9)の発生状況について」が海外感染症
情報に掲載されています。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/idwr-dl.html

◆IASR(病原微生物検出情報 月報)2014年2月号:SFTSなど

特集は「日本における重症熱性血小板減少症候群」です。SFTSVの自然界に
おける存在様式とヒトへの感染経路、日本におけるSFTSの発見と後方視的
臨床的・疫学的調査研究、日本における検査体制等、その他特集関連情報
などがまとめられています。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/iasr.html

■海外の感染症発生状況

◆厚生労働省検疫所(FORTH):海外の感染症情報(2014年2月22~28日掲載)

<東アジア>
2014年02月28日 鳥インフルエンザA(H7N9)の発生状況について(更新25)
http://www.forth.go.jp/topics/2014/02281033.html
2014年02月25日 鳥インフルエンザA(H7N9)の発生状況について(更新24)
http://www.forth.go.jp/topics/2014/02251313.html
<東南アジア>
2014年02月26日 タイにおけるデング熱の流行状況について(更新1)
http://www.forth.go.jp/topics/2014/02261007.html
<中南米>
2014年02月24日 カリブ海諸国におけるチクングニア熱の患者の発生状況について(更新5)
http://www.forth.go.jp/topics/2014/02241322.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼編集室からのお知らせ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆感染症情報のリンク集
国立感染症研究所:http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases.html
厚生労働省検疫所(FORTH):http://www.forth.go.jp/index.html
エイズ予防情報ネット:http://api-net.jfap.or.jp/
WHO:http://www.who.int/en/
CDC:http://www.cdc.gov/
ECDC:http://www.ecdc.europa.eu/en/Pages/home.aspx
China CDC:http://www.chinacdc.cn/en/

◆感染症に関するQ&Aのリンク集
<腸管出血性大腸菌感染症>
http://www1.mhlw.go.jp/o-157/o157q_a/index.html
<マイコプラズマ肺炎>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou30/index.html
<RSウイルス感染症>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/rs_qa.html
<感染性胃腸炎(ノロウイルス)>
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
<感染性胃腸炎(特にロタウイルス)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/Rotavirus/index.html
<手足口病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/hfmd.html
<咽頭結膜熱>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou17/01.html
<重症熱性血小板減少症候群(SFTS)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html
<インフルエンザ>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
<鳥インフルエンザA(H7N9)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/h7n9.html
<狂犬病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html
<結核とBCGワクチン>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/bcg/
<オーラルセックス(口腔性交)による性感染症>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/qanda.html
<ポリオ>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/qa.html
<日本脳炎>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/nouen_qa.html
<子宮頸がん>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html
<子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_hpv.html
<風しん>
http://www.nih.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html
<麻しん(はしか)>
http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/hashika/index.html

◆広報・啓発ツールのリンク集
<インフルエンザ予防対策(ポスター、カレンダー、電話伝言メモなど)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/keihatu.html
<麻しん>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou/pdf/poster07.pdf
<風しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index.html
<予防接種スケジュール(国立感染症研究所)>
http://www.nih.go.jp/niid/ja/component/content/article/320-infectious-diseases/vaccine/2525-v-schedule.html
<予防接種後健康被害救済制度のリーフレット>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/dl/leaflet_h241119.pdf
<性感染症>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/
<動物由来感染症>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/

△▼厚生労働省▼△
02月28日 10時 以降掲載

○ 報道発表

・農薬(マラチオン)が検出された冷凍食品に関連する健康被害が疑われる事例について(第30報)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196875

・輸入食品に対する検査命令の実施~スペイン産うるち米~
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196877

・一般職業紹介状況(平成26年1月分)について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196879

○ 政策分野

・労災レセプト電算処理システム
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196881

・インフルエンザに関する報道発表資料
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196883

・「日本薬局方」ホームページ
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196885

・紹介手数料の最高額の改正について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196887

・主な文書の日本語訳 日本語版コーデックス規格
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196889

・雇用促進税制
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196891

・被災3県の雇用状況について(平成26年2月分)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196893

○ 審議会等

・第2回東電福島第一原発緊急作業従事者に対する疫学的研究のあり方に関する専門家検討会
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196895

・薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会添加物部会(2013年11月27日)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196897

・平成25年度第8回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第9回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 資料
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196899

・第39回社会保障審議会児童部会議事録(2014年1月22日)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196901

○ 統計情報

・介護保険事業状況報告(暫定)(平成25年11月分)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196903

・病院報告(平成25年11月分概数)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196905

・福祉行政報告例(平成25年12月分概数)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196907

○ その他

・【参加募集】傍聴・参加が可能な審議会等の会議一覧
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=196909

○リンク

厚生労働省トップページは、こちらから
http://www.mhlw.go.jp/

□■東日本大震災関連情報■□
PC版
http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/
携帯版
http://mobile.mhlw.go.jp/jishin/index.html

966d2-phlogo7middle

広告
カテゴリー: 健康情報 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中