「McBurney点に圧痛なし 虫垂炎は否定??」

第3回東京北G-Med conferenceのご案内です.
どうぞ,お誘い合わせの上,ふるってご参加下さい.
転送自由です.

———————————————–
第3回東京北G-Med conference
「McBurney点に圧痛なし 虫垂炎は否定??」
~問診、身体所見、検査の感度・特異度の使い方を知ろう~

■グループディスカッションを行います
腹痛患者の臨床推論について、症例を通じてグループで討論します。また情報検
索ツールを用いて実際に感度・特異度を調べたうえで、それが実際の診療でどの
ように使えるかを考えます。
■学べること:診断のエビデンスの使い方
■主旨
皆さんはこれまで典型的な所見があるのにもかかわらず、ふたを開けてみたら想
定していた疾患ではなかったり、その逆だったりしたのを経験したことはありま
せんか?日々の診療では臨床症状から鑑別疾患を挙げて診断へ向かいますが、ほ
とんどの場合は追加の病歴聴取や身体診察、検査データに基づいて診断を確定し
ていきます。これら追加情報を得るためには常に問題となっている疾患が存在す
る可能性を、その所見や検査結果がどの程度変化させるのか理解しておくべきで
す。今回は選択した診察所見や検査結果の感度・特異度、尤度比(LR)に重点を
置き、検査前割合と尤度比を用いて検査後割合を決定していくという、当院総合
診療科でも日常行われている臨床推論をグループで行います。

■時間 9月10日(土) 15:00-18:00  その後懇親会
■対象 初期研修医、後期研修医、医学生(5,6年次)、医師(それ以外の方は対
象外とさせていただきます)
■資料  当日ディスカッションの参考となる資料はある程度用意しますが、各自ご自由にお持ちください
■ショートレクチャー
     「切羽詰まらない救急診療」 東京北社会保険病院 総合診療科 南郷栄秀
■参加費 無料
■申し込み方法
東京北社会保険病院HP(http://www.tokyokita-jadecom.jp/)の「問い合わせ」
にあるフォームから、お問い合わせ内容の欄に「第3回東京北G-Med Conference
参加希望、所属、卒後年数、EBMの理解度」、氏名、フリガナ、電話番号、メー
ルアドレスを記入し送信してください。住所の欄は入力が必須となっております
がダミーを記入していただいて結構です。3日以内に返信がない場合は再度お申
し込みください。
■場所 東京北社会保険病院 2F講堂
東京都北区赤羽台4-17-56 TEL 03-5963-3311 

■主催 東京北社会保険病院 総合診療科・臨床研修センター
———————————————–

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中