ブタインフルエンザ0427

ブタインフルエンザ0427
★★国立感染症研究所★★
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html

 
ブタインフルエンザ
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who02.html

アメリカ合衆国とメキシコにおけるインフルエンザ-更新
2009年4月26日 WHO(原文)
  2009年4月26日現在、アメリカ合衆国政府は20例の検査確定されたブタインフルエンザA/H1N1のヒト症例を報告している(ニューヨーク州8名、カリフォルニア州7名、テキサス州2名、カンザス州2名、オハイオ州1名)。20例すべてが軽症のインフルエンザ様症状を呈しており、1例のみが短期間の入院を要した。死亡の報告はない。暫定的試験によると20例のウイルスはすべて同一の遺伝的パターンを有している。このウイルスはこれまでブタやヒトにおいて検知されたことのない、新たな亜型のA/H1N1と記述される。
 また、2009年4月26日現在、メキシコ政府は18例の検査確定されたブタインフルエンザA/H1N1の症例を報告している。メキシコにおけるこの疾患の広がりと重症度を明らかにするため、調査が続けられている。ブタインフルエンザを疑う臨床症例が、メキシコの32の州のうち19州から報告されている。
 WHOと、世界的アウトブレイクに対する警戒と対応ネットワーク(GOARN)は、メキシコの保健当局と協働するために現地に専門家を派遣している。WHOとそのパートナーはその他の加盟国における疑い症例が発生するたびに、その報告を積極的に調査しており、実地疫学調査、実験室診断及び医療管理の支援を行っている。
 4月25日土曜日、国際保健規則(International Health Regulation, IHR)の決まりに基づき招集された緊急委員会の助言に基づき、事務総長はこの事象を「国際的に懸念すべき公衆衛生上の危機」(Public Health Emergency of International Concern, PHEIC)であると宣言した。
 WHOは、いかなる渡航や貿易の制限も勧告していない。
 
ブタインフルエンザ
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who01.html

アメリカ合衆国とメキシコにおけるインフルエンザ様疾患に関する情報
2009年4月24日 WHO(原文)
 2009年4月24日--アメリカ合衆国政府は米国内でブタインフルエンザA/H1N1の7人のヒトへの感染確定症例(カリフォルニア州が5人及びテキサス州が2人)及び9人の疑似症症例を報告した。7人の確定症例全ては軽度のインフルエンザ様疾患(ILI)があり、1症例のみ短期間の入院をした。死亡者は報告されていない。
 メキシコ政府は3箇所の独立したアウトブレイク事象を報告した。メキシコの連邦地区のサーベイランスは3月18日からILIの症例の増加が始まった。症例数は4月まで徐々に上昇し、4月23日までに首都から854人以上の肺炎患者が報告された。これらのうち59人が死亡した。メキシコ中心部のSan Luis Potosiで24人のILI症例(うち、3人死亡)が報告された。さらにMexicali(アメリカ合衆国との国境付近)からILIの4症例(死亡例なし)が報告されている。
 メキシコ人の症例のうち、18例はカナダで検査の結果ブタインフルエンザA/H1N1であることが確認され、そのうち12例の株からカリフォルニア州のブタインフルエンザA/H1N1と遺伝子的に同一であった。
 これらの症例の多くは本疾患に感染したことを除いて健康な若年成人における発生であった。インフルエンザは通常乳幼児または高齢者に発生するが、メキシコでの報告ではこれらの年齢群は重症患者がみられていない。
 ヒトが動物のインフルエンザウイルスに感染した症例があり、地理的に複数のコミュニティーのアウトブレイクの広がりに加えて、多少通常では見られない年齢階級に発生しており、これらのアウトブレイク事象は重大な懸案事項であると考えられる。
 今回のアウトブレイクの特徴であるブタインフルエンザA/H1N1ウイルスは、これまでにブタまたはヒトで過去に検知されていない。このウイルスは現在までのところ、オセルタミビル(訳註:商品名タミフル)の感受性があるが、アマンタジンとリマンタジンの両方に耐性がある。
 WHOは、これらのILI患者のアウトブレイク事象がもたらすリスクをよりよく理解するために、アメリカ合衆国、メキシコ及びカナダ政府の保健当局と常時連絡を取っている。WHO(及びPAHO*)はメキシコの保健省と共に対策を遂行するための専門家チームを送っている。WHOは加盟国に対して、実地疫学調査、病原体検査及び医療管理を増強する援助を行っている。さらに、WHOの世界的なアウトブレイクに対する警戒と対応ネットワーク(GOARN)は、本疾患に対する警戒を呼びかけ加盟国からの要請に対応するための準備を行っている。
 WHOは、積極的に報告を行いWHOに協力をしたアメリカ合衆国とメキシコに対して敬意を表すとともに、アウトブレイクのさらなる解明をWHO加盟国とともに実施する予定である。
 
訳注:WHOの南北アメリカ地域支部であるPan American Health Organizationの略
お問い合わせは下記へ:
トーマス・アブラハム(Thomas Abraham)
英語
Mobile: +41 79 516 3136
E-mail:
abrahamt@who.int
ファデラ・シャイーブ(Fadela Chaib)
英語及びフランス語
Mobile: +41 79 475 5556
E-mail:
chaibf@who.int
サリー・セティオギ(Sari Setiogi)
英語及びマレーシア語
Mobile: +41 79 701 9467
E-mail:
setiogis@who.int
グレゴリー・ハートル(Gregory Hartl)
英語、フランス語、ドイツ語及びスペイン語
Mobile: +41 79 203 6715
E-mail:
hartlg@who.int
アパラック・ブハティアセビ(Aphaluck Bhatiasevi)
英語、タイ語、ヒンディー語
Mobile: +41 79 484 2997
E-mail:
bhatiaseviap@who.int
 
★★海外渡航者のための感染症情報★★
http://www.forth.go.jp/

 
豚インフルエンザ-アメリカ、メキシコ
 
WHO(EPR)  2009年4月26日 
2009年4月26日時点で、米国は20症例(ニューヨーク州8名、カリフォルニア州7名、テキサス州2名、カンザス州2名、オハイオ州1名)が豚インフルエンザH1N1への感染を確認したと報告しました。20症例全例は中程度のインフルエンザ様の症状で、1症例のみが入院の必要がありました。20症例全例のウイルスは、予備試験では同じ遺伝子のパターンでした。ウイルスは、これまでに豚または人間に認められていたものではなく、新しい亜類型のH1N1と言われています。
4月26日までにメキシコ政府は豚インフルエンザと確認した18症例を報告しました。調査によりメキシコでの病気の広がりと重症性が明らかになってきています。臨床上の疑い症例が32州のうち19州で報告されています。
WHOとGlobal Alert and Response Network (GOARN)は現地の保健衛生当局とともに働くために、メキシコに専門家を派遣しています。疑い症例の報告、フィールド疫学活動、検査室での診断と臨床管理を積極的に支持しています。
4月25日土曜日に、IHRの規則に基づき参集した緊急委員会のアドバイスと同時に、事務局長はこの出来事を国際的に関与する公衆衛生上の出来事であると宣言しました。
WHOはいかなる旅行や物流の制限を推奨しません。
 
△▼厚生労働省▼△ 
2009年4月26日(日)掲載
ブタインフルエンザに対する対応について
今回のメキシコと米国の一部におけるブタインフルエンザ事例に対応し、WHOの緊急委員会の会合が開催されました。それを受けて、WHOは、現在の状況を「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態」であると位置づけました。
今般、保健所等における相談のため、以下の参考資料をお送りいたしますので、ご活用いただくとともに、関係機関等への周知をお願いいたします。
1. ブタインフルエンザに関するQ&A(保健所用)(暫定版)(PDF:108KB)
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/090426-02a.pdf

 
2. 医療施設におけるブタインフルエンザA (H1N1)ウイルス感染が確定もしくは疑われる患者の診療における感染制御の暫定ガイダンス
    (米国疾病管理センターによるガイダンス:仮訳)(PDF:211KB)
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/090426-02b.pdf

 
3. 豚インフルエンザウイルス(H1N1)に関する
米国疾病管理センター Q&A(仮訳)(PDF:178KB)
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/090426-02c.pdf
★★今日のおすすめ本★★
企業のための新型インフルエンザ対策マニュアル―事業を継続するために、いま行うべきこと
和田 耕治
価格:¥ 2,100(定価:¥ 2,100)
http://www.amazon.co.jp/dp/4492556214/ref=nosim/?tag=phnet-22
★★今日のおすすめ本★★
防ごう!守ろう!新型インフルエンザ―社員と家族の命を守るために事業継続のためにできること
鈴木 宏
価格:¥ 780(定価:¥ 780)
http://www.amazon.co.jp/dp/488339137X/ref=nosim/?tag=phnet-22
★★今日のおすすめ本★★
Xデーにそなえる新型インフルエンザ完全対策ブック
岡田 晴恵
価格:¥ 1,260(定価:¥ 1,260)
http://www.amazon.co.jp/dp/4022504536/ref=nosim/?tag=phnet-22

 
★★今日のおすすめ本★★
新型インフルエンザの企業対策
田代 眞人
価格:¥ 2,625(定価:¥ 2,625)
http://www.amazon.co.jp/dp/4532314208/ref=nosim/?tag=phnet-22
★★今日のおすすめ本★★
バックナンバーはこちらへ
http://phnetbooks.blogspot.com/

 
 
 

公衆衛生ネットワーク( 健康と医学のメーリングリスト)

Public Health Network in Japan ,Since 2000

   

仕事と健康、メンタルヘルス関係の書籍を紹介
 
新型インフルエンザ対策商品を紹介
 

作成 切明義孝 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の健康日記 切明義孝の本棚 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の禁煙たばこ情報 切明義孝の公衆衛生ネットワーク 切明義孝の健康と医学のメーリングリスト

広告
カテゴリー: 感染症 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中