芸能人の肺結核の発生に伴う接触者調査、健康診断および健康相談の実施について

芸能人の肺結核の発生に伴う接触者調査、健康診断および健康相談の実施について
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/kekkakupress/index.html

平成21年4月3日に、都内の総合病院で受診した29歳女性が肺結核と診断され、入院しました。患者は全国のTV局などで芸能活動を行っていたことが判明し、東京都は、感染拡大の防止のために、関係自治体と連携して、接触者調査および健康診断を実施することとしましたのでお知らせします。
 また、東京都に、本件に関する電話相談窓口を設置いたします。TV局のスタジオや劇場などでの感染がご心配な方は、東京都電話相談窓口もしくは最寄の保健所にご相談下さい。

<実施するおもな内容>
(1)保健所による接触者調査
   患者が他の人に感染させる可能性があった期間に、室内等で患者と長時間にわたり会話するなどの濃厚な接触があった方々を特定します。
(2)健康診断
   調査の結果、感染する可能性があると特定された接触者の方々に対して、適切な時期に保健所等で健康診断を行います。
(3)電話相談窓口の設置
   都庁内に電話相談窓口を設置します。
   ●日   時  4月6日(月)から
   ●受付時間  9:00~20:00(土・日を除く)
   ●電話番号  03-5320-4572

<結核について>
 肺結核を発病すると、咳や痰、微熱などが持続しますので、これらの症状が2週間以上続く場合には早めの受診が必要です。
 結核の感染は、結核菌が患者の咳やくしゃみで空気中に飛び出し、それを肺の中に吸い込むことにより起こります。感染しても全員が発病するわけではなく、発病するのは10人に1人か2人といわれています。
 結核は、症状に応じて入院または通院で治療を受けますが、決められた期間、欠かさずきちんと薬を服用すれば治癒します。

参考資料 「結核Q&A」 PDF : 18KB
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/kekkakupress/files/kekkakuqa.pdf

参考資料 「長引くせきは赤信号」 PDF : 1,255KB
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/kekkakupress/files/nagabikuseki2007.pdf

★★今日のおすすめ本★★
結核の歴史―日本社会との関わりその過去、現在、未来
青木 正和(著)
価格:(定価:¥ 2,310)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062116359/ref=nosim/?tag=phnet-22
弥生期に日本に潜入した結核は、潜伏・沈潜し、近代化とともに猛威をふるった。治療法の確立によって沈静へ。そして結核は滅びた?臨床医・研究者として、日本の結核対策を支え続けてきた著者が、結核と医療・社会・文化について論ずる。
 
★★今日のおすすめ本★★
バックナンバーはこちらへ
http://phnetbooks.blogspot.com/

 
 
仕事と健康、メンタルヘルス関係の書籍を紹介
 
新型インフルエンザ対策商品を紹介
 

 

公衆衛生ネットワーク( 健康と医学のメーリングリスト)

Public Health Network in Japan ,Since 2000

作成 切明義孝 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の健康日記 切明義孝の本棚 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の禁煙たばこ情報 切明義孝の公衆衛生ネットワーク 切明義孝の健康と医学のメーリングリスト


 

広告
カテゴリー: 感染症 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中